つれづれなる不妊治療記

30歳から始めた不妊治療について記録として残してゆきます。会社員。

妊娠確認 とその後

先週12/8 妊娠確認のために病院に行きました。

初診以来初めて夫がついてきました。

採血をして待つこと1時間程。

異常に眠くてうとうとしていました。

 

呼ばれて、いつもの先生が。

「今回は残念でした…・・・・」と。

 

まあ、そうか。やっぱり。

生活は変わらなかった!

 

何回もチャレンジして、うまくいく人もいかない人もがんばっているってのは頭では分かるけど

やっぱりショックでした。

ここまでやってもできないかと。

これからまた、チャレンジしても本当にできるんだろうか?と。

 

お金の面も大きい。

今回の総出費額おそらくおよそ60万円。

東京都の助成金は初回だから30万円。

次からは25万円になる。

そして、6回までしか助成金受けられない。

あー、港区か世田谷区に引っ越したい。。

 

ちなみに私は北区在住です。

以前区の問い合わせ窓口に

「他の区では都の助成金と別で区の助成金がありますが北区では検討していないのでしょうか?」と問い合わせたのですが、やはり役所は役所的な対応。

「都の助成金をご利用下さい」とのこと。

検討はしているのかとか、財政的に厳しくてすみませんとか無いのか!

だから若い家族が出て行ってしまうんだぞ!

お年寄りばっかりの北区!

 

 

話は戻りますが、

テープもはがしてください。数日以内に生理が来ますから、5日以内にまた来てください。

とのことでした。

 

妊娠にワクワクしながらお腹にテープ貼ってたのと少しずつずらしたテープの跡のカサカサ水玉模様とかが無性に虚しく。。

 

ここ数日間は通勤中などふとしたことで涙が出そうになる日々でした。

 

 

そして、今日、生理3日目で病院に行ってきました。

今日から薬を飲み、ホルモンで妊娠体制になってしまったのを戻す?みたいです。

で、次に年末頃に来るだろう生理は見送り、その次の生理3日以内で来て、次の採卵期間を決めましょう。とのことでした。

 

このままどんどん治療進めて、お金は大丈夫だろうかと思うけど。。

次のスケジュールが見えたことでなんだか前向きな気持ちが戻って来た今日です。